『不良』+『不良』

0
    玩具記事を続けてエントリー。

    玩具を収集している人のInstagramしかりTwitterしかり映えてるSNSを眺めていると、何となくその人となりが見えてきたりこなかったり。『ジョークグッズ』『ロボット』『オカルト』『ゲテモノ』『ファンシー』…etc「ただ単に好きだから」は勿論のこと、雑多に集めていても偏りがちなそのモチーフからは意識の下層において少なからず自身に影響を及ぼしているんだなと。

    その中でもよく見かけるモチーフの『ドクロ』は不気味であったりユーモラスであったりオシャレであったり、老若男女、古今東西、空前絶後、天上天下唯我独尊、なんとも愛されモチーフ。だって頭の骨だもん、あらゆるシーンをリードするシャレコウベの如し、立て続けに投下している私のブログでも、POP EYE SKULLや、ガイコツレンチを紹介しているように自ずと集まって来てますキテますハンドパワーです。

    本題。恐らく当時の私は大人の階段を登り始めていたと思われ、横目でチラ見しつつもギャッツビー付けてカッコ付けて興味の無い素振りをしていた、はにかみウェポン。そろそろ真剣に向き合ってもイイ時期じゃない。今になって「良さ」が分かったってイイじゃない。改めて再確認するそれが甲竜伝説ヴィルガストの『ドクロサソリ』でした。



    (よく見ると「口が開いている」「口が閉じている」造形が異なるタイプがありますね。)

    『ドクロ』+『サソリ』なんですよどうですか?『リンス』+『シャンプー』どころの騒ぎじゃありませんよ。昭和の不良(ワル)ガキ心がTO♥KI♥ME♥KUモチーフがまぐわって組んず解れつ乳繰り合いちんちんかもかもされて生み出されたドクロサソリに掻き乱されるMYハート、出会えた奇跡にもう息が止まりそうだよ。


    oh nice レンチキュラー

    0
      近頃、レンチキュラーを使って自作シールを作っている人が増えてきました。王道のプリズムシールは外せないにしても、シールを傾けると別の絵柄にチェンジしたり、アニメーションしたりと、周りと差別化したいシールを作りたい人にとってレンチキュラーはチャレンジしやすい素材と言えるでしょう。私も何点かレンチキュラーでシールを作りました。出来上がったシールを傾けた時は感動をしたものです。

      調べたところレンチキュラーは100年も昔に特許が出願されて、実際に市場に出回ったのは1960年頃からのようです。…確かにその時代のオマケや文房具にはレンチキュラーが多く使用されている気がします。レンチキュラーの原理はググると詳しく説明されていますので割愛。で、一体何の話しをしたいかと言うと、"oh nice design"なレンチキュラーを見つけたので紹介したく。




      目はパチパチ、口はパクパクと、パタチェンアニメをしてくれる大変ユニークなレンチキュラーカード。余白には人魂や骨があしらわれてキャンパスをホラーな雰囲気で埋めてくれます。ガイコツのデザインはビンテージスーベニアジャケットのようにチープでユーモラスで味わい深い。レンズにダメージがありますが1960年代ごろの製品らしく、半世紀も前の代物ならば問題なしでしょう。

      にんともかんとも先日エントリーしたPOP EYE SKULLをゲットしたのを皮切りに、駄玩具に興味を持ってしまいまして、最近は脳天に「ビビビッ!」とくる玩具を買い集めることで心の隙間を埋めております。(そもそもは現行シールに気持ちが離れているからなんだよな…。※自作シールは面白いし好きです。)


      人様の事を言える立場ではございませんがシール系のBlogやWebともども廃れてきてますよね。(もちろん時代に合わせてFacebookやtwitterやInstagramに移行している事は重々承知)。かく言う私ももっぱらtwitterなどSNSでの活動が多くなっています。このブログもいつ閉じても何らおかしくありませんが、気まぐれに所有している玩具を紹介できれば少しは延命できるのかなーと。まぁ無理に延命する必要もないんですけど。

      ガチャガチャの歴史的遺産『目玉ドクロ』

      0
        あしからず、シールの話しではございません。


        私が子供の頃に夢中だったものを挙げると、漫画、アニメ、ゲーム、お菓子や駄菓子、シール、カード、消しゴム…と、メッチャたくさんありまして、いい歳こいた今になっても当時と同じホビーに身銭を投じている人も多く、体に染み込んでしまった回顧の沼地から抜け出せない体になってしまっているんですよね、そう私もです。

        はい。久しぶりのブログ記事はガチャガチャの話しです。私の時代ですとガチャガチャと言えば「キン消し」や「ガン消し」などの消しゴムブーム真っ盛りでして、何枚もの100円玉を投入しては、ずんぐりむっくりな超人や丸っこいモビルスーツに一喜一憂しておりました。


        こちらの雑誌は1966年1月28日発行号のアサヒグラフ。表紙の左上辺りに書かれている見出し「飛びだす十円オモチャ」が見えますでしょうか?有識者によると、これがガチャの歴史を追う上で最古の記事のようです。


        皆様はガチャガチャの始まりを御存知でしょうか?ガチャガチャの誕生は諸説いろいろあるようですが、一番の有力説は1965年(昭和40年)2月17日に東京台東区で誕生したようです。株式会社ペニイ商会がアメリカのガムボールの小型自販機(ガチャマシン)を輸入し、香港で買い付けた駄玩具をガチャの中にブチ込んだところ、何が出てくるか分からないギャンブル性、10円と言う子供の小遣いで買える価格設定も相まってバカ受けしたとか。


        アサヒグラフの見開きに載っている写真が当時の景品ラインナップ。サイコロ、雀牌、指輪、目玉、謎のモンスター…と、ユニークなチープトイのオンパレード。こんな駄玩具ですが、当時の子供にとっては宝物に見えたのでしょう。その中でも子供たちの垂涎のアイテムが『ドクロ』だったと記事に書かれてます。そのドクロが欲しくて3,000円も使った子供もいたとか?(当時の3,000円って今のレートで換算すると一体いくらになるんだよ…)


        「我ガ欲シイカ…、欲シケレバ…、ジュウ円ヲ入レルガヨイ…」
        一際存在感を発しているのが、そのドクロだと思われます。何と言えば良いのでしょう…、水晶ドクロと言いますか、マヤ・ドクロ、アステカドクロと言いますか、見れば見るほど目が離せない造形美に心が奪われて、あれよあれよと3,000円をつぎ込んでしまう子供の気持ちも理解できます。














        はい


        ガチャ界の始祖!


        ガチャ界のオーパーツ!


        ガチャ界の歴史的遺産!





























        入手しましたー!




        うっはー!かっけえ!





        どの角度から見てもかっけぇ!




        しかもアゴを引くと…

















        目玉と舌が飛び出る!

        イカす!









        POP




        EYE




        SKULL








        掲載雑誌と共に目玉ドクロを写すとこれまた破壊力倍増!インスタ映えなんて目じゃねぇぜ!約半世紀前のガチャ創世記始祖アイテム!カラーバリエも豊富でちまちま集め続けて只今4色。個人的には博物館級のお宝です。しばらくは祭壇に飾って拝み倒してやりましょう、はい。


        情念の蓋

        0

          とある古道具屋さんに「牛乳瓶のフタが大量に入荷した」との情報が私の耳に届きました。もちろんこの世には牛乳瓶のフタのコレクターが多くいらっしゃる事は存じ上げていますが、僕はこれと言って興味もなく収集もしていません…ですが、今回、耳に届いた情報によると、これがなかなか面白いフタのようで、早速その古道具屋さんに連絡を取って譲っていただきました。(※譲っていただいたと言っても、お金を払って購入しました。)

          その数、約670枚。そのフタの内容ですが…、元所有していた少年はテレビ番組やアニメやゲームなどのブームを敏感にキャッチしては、内に秘めた情念を牛乳瓶の蓋、1枚1枚に書き記していたのです。私だけでは到底受け止める事ができない少年の情念と葛藤と熱量を万人に共有して、当時のノスタルジーを分かち合いたいと思った次第です。

          そのような事で、この牛乳瓶のフタを紹介するツイッターアカウントを取得いたしましたので、こちらのブログにて宣伝します。興味がある方はフォローしてください。約670枚ものフタですが独断と偏見により選りすぐって紹介するつもりなので、ネタが切れたら更新をストップして放置します。はい。

          情念の蓋
          (@bin_no_futa)
          https://twitter.com/bin_no_futa


          何卒、よろしくお願いいたします。

          赤塚不二夫 でん六、節分の鬼のお面を集めてます。

          0

            赤塚不二夫さんが描かれているでん六鬼の面を集めています!

            説明不要だと思いますが、このお面は1971年から節分の時期に、でん六の豆に同梱されているお面です。毎年デザインが変更されて赤塚不二夫氏が亡くなった今もなお継続されております。調べますと2002年4月に赤塚が病に倒れた以降の実質作者はフジオ・プロのスタッフとなっているようですね。始まった当初はごく普通の鬼の顔でしたが、1993年辺りからその年の時事的なネタをデザインに反映されるようになりました。

            その赤塚不二夫の鬼のお面に興味を持ち始めてしまい収集をしているものの、一向にコレクションが進みません…。であれば、ブログ記事にさせていただいて同士を見つけてトレードをしようと思いました。(いやね、検索をかけると意外と集めている人が多いんですよ、このお面。)

            早速ですが、僕が希望するのは以下のお面です。

            【当方希望】


            ・1971年



            ・1972年



            ・1973年



            ・1974年



            ・1976年



            ・1979年



            ・1981年



            ・1982年…レレレのおじさん



            ・1984年…タモリ



            ・1985年…猫



            ・1986年…ニャロメ



            ・1987年



            ・1988年



            ・1989年…イヤミ



            ・1990年…鉄仮面の忍者鬼



            ・1991年…鬼ぎり将軍



            ・1994年…鬼九郎(サッカー)



            ・1995年…チビ鬼(チビ太)



            ・1996年…野球鬼(野球)



            ・1997年…テニス鬼(テニス)



            ・1999年…チャイドル鬼(チャイドル)



            【当方提供】
            ・1975年
            ・1977年…がきデカ(こまわり君)
            ・1978年
            ・1998年…スニーカー鬼
            ・2000年…2000年鬼
            ・2003年…レインボー鬼
            ・2010年…エコ鬼
            ・2011年…デジ鬼
            ・2012年…ハチマキ鬼
            ・2013年…さくら鬼
            ・2014年…ジャンプ鬼
            ・2015年…カブ鬼

            上記になります。

            もし、お持ちの方で「譲ってあげるよー」「トレードするよー」「売ってあげるよー」と、心の優しい方がいらっしゃいましたら、ぜひぜひブログへのコメント、もしくはメール(happy_castle2001★hotmail.com ★を@にしてください。)で連絡をくださいませ。



            鬼のお面については以下のサイトで詳しく掲載されております。
            何卒よろしくお願いいたします。


            【参考サイト】
            でん六(鬼の面ギャラリー)
            http://www.denroku.co.jp/pleasant/mask.php

            赤塚不二夫公認サイト(これでいいのだ!!)
            http://www.koredeiinoda.net/staff-blog/?p=162

            祝★『皮はげ テキサスくん』が消しゴム化!《9/27(日)スーフェスにて発売》

            0

              僕がイラストを描いた

              『皮はげ テキサスくん』


              消しゴム化される事になりました!















              !!












              !!




              かれこれ、この絵を描いてから2年も経ったのか…。(元記事…http://blog.moza.jp/?eid=229




              ・・・え?「テキサスくんって何?」ですって?あれですよあれ。

              80年代、小学生男児の大半が読んでいた『ぎんぎんコミック』に連載されていた、報復絶叫ギャグまんが『皮はげ テキサスくん』ですよ!その人気はとどまる事を知らず、コミックス化!アニメ化!そしてとうとう消しゴム化がされたって、これ大ニュースですよ!!

              (・・・と言うような架空設定でございます)




              気になる現物はこちら!

              そう、ギャグ漫画とディフォルメがケミストリーして誕生した80年代フォルム!このフォルムです!コロコロとしたこのフォルムにノスタルジーを感じる人は少なくないはずです。


























              このテキサスくんには上記のディフォルメ版の他にリアル版もございます。それがこちら!

              このリアル版は『ネクロスの要塞』の原型師、内田茂夫さんが手掛けております。先日ブログでも書かせていただいた通り、このリアル版の仕上げを控えている時期に内田さんが亡くなられてしまい、完成まで行きつきませんでした。…では、誰が仕上げたのかと言うと…なんと!内田さんの息子さんが手掛けたと言う二世代に渡ったメモリアル造形でございます!





              これは半端なくヤバイくないすか!






              内田さん…とくれば、勘の良い方は薄々気が付いているかと思いますが販売元はあの「塩ビをクリエイトする」で、お馴染みのズーモス@ZOOMOTH)さん!…実はズーモスの1人が8年前に初めて内田さんに依頼したのがこの造型と言う実に壮大なプロジェクトだったのです!


              いかがですか?ヤバさがぎんぎんに伝わって来たかと!



              ■商品情報
              ・発売:2015年9月27日(日)のスーフェスにて登場。
              ・ブース:"THE BAD NEWS"RAD UNCLES6
              ・ディフォルメ版とリアル版の2体セット。
              ・価格:6,000円


              話しによるとブースでは色々な仕込みをするようなので、乞う御期待!

              是非是非、手に取って欲しいカワ〜!




              <以下、ズーモスtwitterより画像転載>






              【訃報】ネクロスの要塞をはじめ多くの造形を作られた内田茂夫さん。

              0

                【写真:まんだらけトラッシュ04(2007年5月6日発行)より】


                知人より連絡いただいた内田さんの訃報。
                2015年6月15日(月)の朝に突然体調が悪くなりそのまま亡くなったようです。

                内田さんとの出会いは2010年頃でしょうか。長年親しくさせていただいているズーモスさんの原型を担当されていた事から、いつもワンフェスで挨拶がてらお話しさせていただいておりました。その内田さんが亡くなったと言う訃報を受けて、原型を依頼している多くのクリエーターと共に6月20(土)の告別式に参加しました。


                内田さんの造形に夢中だった子供たちは大人となり内田さんに原型の依頼をお願いしています。その世代を超えた依頼に内田さんはとても楽しく仕事をしていたと聞きました。僕が知っている限り、依頼していた企画の中にはまだまだ楽しませてくれる仕掛り案件も多くあった事から残念でなりません。


                多くの感動をありがとうございました。

                1

                profile

                ■name:モザ

                ■ホームページはこちら⇒
                   http://moza.jp/


                ■連絡先はこちら⇒
                   happy_castle2001★hotmail.com
                (★を@に変えてください)


                【注意】@の前に「.(ドット)」があるメアドの方はRFCに準拠していないため返信出来ない場合がございます。
                詳細はこちら

                calendar

                S M T W T F S
                      1
                2345678
                9101112131415
                16171819202122
                23242526272829
                30      
                << September 2018 >>

                selected entries

                categories

                archives

                recent comment

                • 杉本屋『サイバーひも丸』の画像リストを設置
                  ネオ
                • ビックリマンなどのオマケシール用ファイル(リフィル)
                  モザ
                • モザジャン
                  モザ
                • モザジャン
                  ララピン
                • ビックリマンなどのオマケシール用ファイル(リフィル)
                  tt
                • ビックリマンなどのオマケシール用ファイル(リフィル)
                  tt
                • 2016.8.7(日)さん家祭り
                  ぜっとん
                • ロッテオンラインショップ限定!ビックリマン史上初『痛ガム』年賀状発売決定!
                  チタンマリア
                • 僕の名刺カードができたよ。
                  モザ
                • 僕の名刺カードができたよ。
                  にゃー

                links

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM