みぞ掘一兵 the origin『ふく笛』

0
    古参BMファン向けのネタ。骨の髄までしゃぶり尽くす我々が目ざとくチェックしていただろう、2014年夏号『季刊エス』小さな記事

    旧BMキャラのアイデア出しの参考に『大図典 View』が使用され、郷土玩具のページ『河豚笛(ふく笛)』を元に『みぞ掘一兵』が生み出されたという内容。

    この『ふく笛』を探したところ、すんなり見つかったので買ってしまいました。折角なのでシールと一緒に記念撮影。
    うん。どこから見てもみぞ掘一兵だ。実に丸っこくてカワイイ。


    この『View』に他にもビックリマンネタがあるのではないかと勘繰りまして、勢い任せに『View』を買いましたが、コレすごく分厚くて重いのね。そして目ぼしいビックリマンネタは特に見当たらないのね。そんな訳でこのエントリーは『みぞ堀一兵』と『ふく笛』の話しのみで終わります。残念です、はい。

    ※くまなく読めば見落としているネタがあるのかも知れませんが、この分厚さを維持できるほど私の本棚に余裕がざいませんのでサクッとBOOKOFFに売ってしまいました。もしこのViewに興味をお持ちの方は買ってみてはいかがでしょう?アマゾンで300円程度で販売されてます。もし「このページにビックリマンネタがあったよー」など教えてくれると嬉しいです。


    ★ここから先は殆どビックリマンのネタはありません。興味の無い人はスルーしてください。折角『ふく笛』を買ったので調べてみました。より『ふく笛を』知りたい方のみ進んでください。






    昭和10年(1935)に佐藤治氏、河村幸次郎氏、長谷川節雄氏らが『下関郷土玩具同好会』を結成。その年の7月に民芸誌『河豚笛』を創刊。その中で彼らは創作玩具を発表し様々な玩具と共にふく笛の考案し掲載します。これが『ふく笛』の誕生した瞬間。河豚をかたどったこの土笛の尻尾部分を吹くと「ほぅほぅ」と何とも優しい色がします。笛の他にも土鈴、凧、提灯と便乗品が多く作られるのはどの時代でも同じですね。そして下関『ふくせんべえ』の中に入れる玩具としても多くの方に親しまれたとか?(食玩だ!)

    博多人形師の故・垣内敬一氏によって作られた『ふく笛』はユニークな形状とデザインが注目を集めます。下関を代表とする郷土玩具となったこの笛は、1958年ベルギー『ブリュッセル万国博覧会』に出品され銅賞を受賞。


    しかし流行り廃れ、時代の流れの中で『ふく笛』は廃絶…。

    垣内氏は弟子を取らなかったため、何人かの職人が『ふく笛』復元に挑戦しましたがなかなか上手く音が出ません。原型も残っていないため失敗が続き『幻の土笛』となったしまいました。そんな中、2013年ごろ『ふく笛復元プロジェクト』が立ち上がり、理工学系の大学教授も参加しCTスキャンで古いふく笛の内部構造を細かに解析して、約80年前に福岡県津屋崎の人形師、故・垣内敬一氏が作った『ふく笛』の復元に成功したのです。
    ・元記事…https://magazineworld.jp/brutus/miyagemon/miyagemon-204/

    その後…になるのかな?実娘のひさ子さんは「このままでは『ふぐ笛』人形を残すことができなくなってしまう」と危惧し、ひさ子さんは独学で技術を習得して『ふぐ笛』を蘇らせます。そして今では、ひさ子さんを中心に、ひさ子さんの娘(孫)さんも一緒に作っているそうです。さらに少しづつですが、娘さんのお子さん(ひ孫)の三代に渡り『ふぐ笛』の技法は受け継がれていいます。
    ・元記事…http://hakata-dentou-kougeikan.jp/archives/6757



    これがリバイバルの兆しとなり、ふく笛の製作を中断していた工房でも製作を再開。今では福岡県の津屋崎で作られて販売されているようです。


    小ネタとして、2019年無印良品の営業初日に『福缶』が発売されて、その中にも『ふく笛』が入っていたとか。


    どうだ!みぞ堀一兵!

    ここまで元ネタを調べたのは

    私くらいだろう!(笑)



    ちなみにこのNo.85のすくみテーマは『水に関係する環境・現象・原理』(かな?)。『みぞ堀一兵』は呼水や水路引きのキャラだと推測されますが、なんで『フグ』なのでしょうか?ビックリマンの識者きゅー太さんに問い合わせたところ「こじつけるなら『フグの解毒のため首から下を埋める』と言う民間療法からかな?」と。…そこまで考えらていたら凄いなぁ。


    そんなこんなで、福岡や山口では河豚のことをフクと言い『福』に通じ縁起の良い魚とされています。2020年、皆様に多くの『福』が訪れますように。今年もよろしくお願いいたします。





    ・・・BMの立体物つながりで思い出したのですが海洋堂のビックリマンフィギュアはどうなったのでしょうかね?



    ※一部の画像はインターネットで検索したものを使用しています。問題がございましたら御連絡ください。修正対応致します。


    2019年に入手した一番のレアシールは?

    0
      これが今年最後のブログエントリー。表題の通り今年入手した一番レアなシールを紹介します。ちなみに昨年入手した一番のレアシールはバトル騎士の『エメラル』でした。該当記事で募集している『Gシール』を入手する機会が何度かありましたが、躊躇している間にそのチャンスは消えましたね、タイミングって大切ですね。脱線しました。

      2019年に入手した私にとって一番のレアシールがこちらの『賀正ゼウス(オリジナル)』と『クリスマスゼウス』のアンカットシールのペア。
      いつの頃でしょう…かなり昔にインターネットオークションで賀正ゼウスのアンカットが出品されましたが懐事情で見送ったのを覚えています。…時は経ち、再び見たその姿は『クリスマスゼウス』と共にフリマアプリに現れやがりました。しかも複数枚同時出品、そしてあり得ない激安価格で。私が知ったときは根こそぎ売り切れた後でしたが、何とか工面して入手。(私信:その説はありがとうございました)


      そもそもこのシールは一体何なのでしょうか?長年シールコレクターをしています正体が分かっていません。ゼウスの視線から分かる通りミニファイルのイラストを流用したものなので、その時期に作られたものだと思われますが…う〜ん。

      噂では年末年始商品の「お菓子の詰め合わせ袋の封に使われていた」とか、「お菓子の詰め合わせ袋の中に入っていた」と言われてます。しかし当方が所有するお菓子の詰め合わせ袋を見ても、封としてこのシールが使われていた形跡がありません。そしてこのシールはハーフカット(切り込み)されているにも関わらず、めくられる事なく外枠と一緒に出てくることが殆どなので、前者の封用シールとは考えにくのです。…であれば後者?確証がどこにもありません。

      引き続き調査したいので、御存知の方、知っている方、証拠をお持ちの方からの情報をお待ちしております。メールでも、ブログ記事へのコメントでも構いません。何卒。


      さてはて、数年前まではちょいちょい出てきたこのシールですが最近はトンと見かけなくなりましたね。特にクリスマスゼウスは長いこと出てきていないのでは?上の画像で紹介しているアンカット画像を見てお分かりの通り、左に余白のある左耳、左右に余白のない中央、右に余白のある右耳、と3種存在しているのが分かります。んなモン気にしなければ良いもののコレクターの性としては、やはり3種集めたくなります(笑)
      実は10年以上前に私が入手した賀正ゼウスはアンカットがバラされた物をまとめて購入しました。つまり『左1枚、中3枚、右1枚』この3種(計5枚)を一気にコンプした訳です。勿論クリスマスゼウスもコツコツと集めており『左耳』と『右耳』の2種は入手できたものの『中央』リーチで長らく停滞。もはやコレクターとしての熱い気持ちを忘れていた頃に、このアンカット出品の情報、そして入手。
      これでめでたく賀正&クリスマス共に、左耳、中央、右耳の全種そろった事になります・・・が、どこか満たされた気持ちになれません。何が言いたいのかと言うと、アンカットは特別な物なので、やはり単品でコンプしたい気持ちに変わりは無かったと言う事です。ズブ沼です。








      -WANTED-

      クリスマスゼウスの中央(左右に余白のないシール)を希望します。提供(トレード、買取)しても良い方、また「ここで売っていたよ〜」などの目撃情報をお待ち方は、メールでもコメントでも構いませんのでお気軽にご連絡くださいませ。


      〆の言葉になりますが、今年も色々なシールと出会い色々な方々と交流しました。来年も変わらぬ御愛顧の程を何卒よろしくお願いいたします。





      〜皆様良いお年を〜




      舞台『ビックリマン 〜ザ☆ステージ〜』を観に行ったよ。

      0
        1980年代後半ビックリマンが社会現象となり様々なメディアミックスがされました。ゲーム、アニメ、映画、漫画、玩具、衣料、もう本当にアッチもコッチも…ビックリマンのビの字を見ない事は無いくらいに。今でもその勢いは衰えず、文楽、サッカー、野球、ボードゲーム、カードゲーム、フィギュア、ホテル施設、芸能人…と、幅広い分野でビックリマンの活躍を見る事ができます。そして2019年末に飛び込んできた『舞台』のニュース。一体誰が想像したことでしょう。


        余談ですが「前にビックリマンの実写映画化の企画があったらしいよ」とDS『ビックリマン大事典』のディレクター武村大さんからお話しを聞いた事があります(結局は頓挫したようで)。

        映画で無いにしろ舞台化ってスゴイ事じゃございませんか。そりゃ長年ビックリマンに付き合っている身としては気になりますよ。チケットを取りましたよ行きましたよ品川の六行会ホールに。


        入口に貼られているポスター。このポスターと同じチラシがあったようですが会場には見当たらず…欲しかったなー。




        ロビーには関係者様や役者さんのファンからの祝い花が大量に飾られて華やかでした。もちろんロッテさんからの花は入口にドドーンと飾られています。



        客席との距離も程よいステージ。


        芝居内容の感想ですが『シールとも、漫画とも、アニメとも違う、舞台のビックリマン』だと感じました。ネタバレのため多く語りませんが、個人的には超面白かったです。

        私ならではの感想を言うならば、芝居、歌、音楽、ダンス、ギャグ…全てが昭和ではなく令和です。昭和の呪縛に囚われている懐古厨の私にとってはビックリマンの概念を覆してくれるような新鮮さを感じました。また、サタンマリアを演じる椎名さんを観て「ヘッド昇格の約束をされた悪魔って、こんな感じなのかもな。まだ子供と大人の狭間のような成長期のような。まだヘクサゴンが無いのも頷ける、うむうむ」…と、30年以上気にしていなかったキャラクター像にメスを入れてくれたような気分でしたね。あと聖フェニックス役のヨンミンさんの目が鹿の目のようにキレイでした。


        自分は一人で観に行ったので、見終わった後の醍醐味である『感想会』に飢えておりまして…どなたか私とお喋りしませんかw(見渡しても来場者の殆どが役者さんの女性ファンのようで、見知った顔は皆無…)

        そして頂いたチケット特典などはこちら。


        ポストカード2枚。サタンマリアが出て嬉しい。マゼンタヘアーのマターもカッコイイ。


        パウチされたカレンダー。集合してて嬉しい。


        若神子ライブのチラシ。カバンの奥に押し込まれていたらしくシワくちゃで悲しい。


        ネット上では「お土産が少ない」とのお話しがありましたが、確かに『ビックリマン×人狼』、『生写真』、『チェキ』があるくらいで、目ぼしい物がない…。本当はスーパーゼウス役の有村昆さんのチェキが欲しかったのですが、残念ながら私が行った公演では枠が用意されていませんでした。

        まぁ物販品を用意するとしても商流の事情や物販スタッフの要請などで難しいと理解していますが、二度と無いかも知れないこの超レア舞台のグッズは色々と用意をしても良い気がしま・・・あっ、もしかしてこっちに回した?



        話を戻しまして、スタッフの皆様、千秋楽までがんばってくださいませ。次作を期待しております。


        ビックリマン『デコレーションアイス』

        0
          さすが年末、エントリーネタに事欠かない。この勢いにのってブログを更新。さて本日は12/25であればクリスマスネタ。

          4年前の今日、俗に福袋版と呼ばれるシールが入っていたクリスマス限定のアイス詰め合わせBOXを紹介しましたが(→http://blog.moza.jp/?eid=373)今回は『デコレーションアイス』を紹介。

          こちらがその箱。残念な事に発泡スチロールの上蓋が欠品しています…どたなた下さい。内側の汚れが時代を物語っていますね(笑)


          その欠品している上蓋に貼られていた書き下ろしイラストのペラ紙。ゼウス、天使、お守りがキャッキャしているのを悪魔が指くわえてます…今日くらいは休戦して一緒にパーティしても良いでしょうに。突っ込みどころとしてはドジキュラーが吹き出しに隠れてしまっています。

          メインのアイスケーキはビックリ仕様。なんとゼウスのクッキーが乗せられています。食べるのが勿体ない。

          そういえばビックリマン×KAWAII MONSTER CAFE原宿とのコラボでもゼウスのケーキ(画像1画像2)がありましたね。似ていたのでふと思い出しました。



          特典としてミニファイルが付いてきました。デザインはロココのタイプ。ぶっちゃけシールの方が喜ばれていたのでは?…と言うのも以下で紹介する包材に描かれているキャラクターがとても良いのです。


          こちら書き下ろしのサンタゼウス。


          サンタロココはウインクしてます。ビックリマン女子はイチコロです。


          サンタデビル。ここぞとばかりに浮かれてやがります。

          この包材のみでしたが、某ショップでも売られていましたね。今考えたら買っておけば良かったかなぁ…。



          ちなみに、このデコレーションアイスのイラストは原画集にも収録されています。

          気になるのはクロスエンジェルからプレゼントを貰っている次助が上から貼られている形跡があります。原画展でもこちらの絵が飾られていましたが、たしか次助の下にはうっすら透けてニンニク満助が描かれていたような(原画展で撮った写真が見つからない)


          鼻をつまむニンニク満助のポーズから「くさいプレゼント」を貰っているようにも見えますし、そのような理由で修正されたと推測されます。


          福袋版が入っていたアイスBOX、このデコレーションアイスBOX、私の記憶が確かなら『サンタゼウス』と『サンタフェニックス』が入っていたBOXもあったような気がするんですよね。でもその箱はそこまでビックリマンビックリマンしているデザインでなかったような…うーん。記憶があやふや。

          とりあえずデレコレーションアイスの上蓋付きが欲しいです。そしてまだ見ぬイレギュラー商品の化粧箱があれば見てみたいし欲しいです。もし提供(買い取りやトレード)しても良いと言う方がいましたらメールでもコメントでも構いませんのでお気軽にご連絡くださいませ。勿論、情報もお待ちしています。

          それでは皆さま、メリークリスマス♪





          コロコロアニキ2018年12月15日発売号の付録『聖魔ジャバラップ』

          0
            ここ最近、ビックリマン(悪魔vs天使)を創り上げた元ロッテ反後四郎氏(以下:タンゴマン)が表舞台に出る機会が増えて、旧来のビックリマンファンがザワついております。動きがあったのは2018年コロコロアニキ夏号に掲載されたコロコロ創刊伝説辺りかと。タンゴマンの登場はそれだけにとどまらずコロコロオンライン水曜枠のビックリマン特集でも、度々登場してインタビュアーの何気ない質問から驚きの回答が飛び出たりと旧来のファンを沸かせてくれています。

            さて、話しを本題に戻しまして、2018年12月15日発売のコロコロアニキ(2019年冬号)に同梱されているリーフレット状のビックリマン付録『聖魔ジャバラップ』ですが、私が企画&デザインを担当させていただきました(※正確にはクレジットに表記されているようにBM界の識者にも史実確認のお手伝いしてもらってます)


            ジャバラップ
            ちなみに『ジャバラップ』は『蛇腹』+『オーバーラップ』の造語。タンゴマンが命名してくれました。


            付録の内容ですが、タンゴマン所有の当時の設定資料から『秘蔵直筆キャラクター図解』を原文そのままに掲載し、それに対する『制作秘話』を伺いました。そして悪魔vs天使の歴史を時系列で見て取れる『ビックリマン大年表』を作り、そしてそしてビックリマンを後世に伝えるため『後世ファンへの聖伝書(メッセージ)』を頂いたりと、かなり濃縮した内容に仕上げたつもりです。(当初はもっと企画内容を詰め込んでいたのですが、製作期間との兼ね合いもありまして涙ながらのボリュームダウン)

            聖魔ジャバラップ

            このコロコロアニキ冬号を見かけましたら是非お手に取ってください。私がこの付録に込めた思いはブログ程度では語れぬ程ありますが、端的に言うとタンゴマン(並びに当時のスタッフ様)が創り出した当時の悪魔vs天使は面白いですし、その魅力は後世に残すべきだと思っています。


            この『聖魔ジャバラップ』が、2018年すべてのBMファンへのXmasクリスマスプレゼントになればこれ幸い。至らぬ点も多々あると思われますが、お願いしたい相談が一つだけございまして、コロアニのアンケート葉書に「またモザにビックリマンの付録を作って欲しい」と書いて送って頂けるととてもありがたいです。1通で反応があればまた何かしらビックリマンファンへ向けて発信できる機会が生まれるかも知れません。厚かましい相談とは重々承知の上ではございますが、本当にビックリマンを愛する皆様と一緒により良いブランド化にするためにも、是非お力添えの程をお願いいたします。


            コロコロオンライン『シャーマンカーンのモデルはサンタクロース?』を深堀りせよ。

            0
              ビックリマンファンの皆様はコロコロオンライン(毎週水曜)の【ビックリマン伝説 シール誕生秘話】を見ていますか?私は欠かさず見ています。2018年8月29日に掲載された【第7回「第2弾秘話!シャーマンカーンのモデルはサンタクロース!?」】の記事が個人的に刺さったので、私なりに深掘りしたいと思います。

              記事内で気になった一文がこちら、悪魔vs天使の生みの親である反後さんがシャーマンカーンの見た目は「子供に馴染みのあるサンタクロースなどを参考にしています」と、サラっと言ってますがこれって初出情報だと思われます。コロコロオンラインのツッコミはここで終わっていますが、そこから先が気になりませんか?私は気になります。超気になります。


              私なりの考察をば。サンタクロースと一言にいっても風貌は様々。では「どのサンタがカーンのモデルなのか?」と。私が目星をつけたのがコカ・コーラ社のクリスマスキャンペーンのために、画家ハッドン・サンドブロムが描いたサンタクロースではないかと踏んだ次第。
              サンタクロース

              いかがでしょう?この柔らかな筆使いで描かれたサンタクロースは誰もが一度は見たことがあると思います。そしてこの、優し気なタレ目、愛嬌のある頬、厚みのある下唇…どことなくシャーマンカーンに似ていませんか?

              ↓御存知、シャーマンカーン↓
              シャーマンカーン


              検証用に、主線を抽出してみました。
              シャーマンカーン サンタクロース ハードン・サンドブロム ハッドン・サンドブロム Haddon Sundblom

              おお!想像以上にカーンだ(笑)



              さらにもう一つ。気になるカーンの1カットがこちら。それは別冊宝島の『ストーリー完全大聖典に掲載されているシャーマンカーンのカラー設定です。

              シャーマンカーン

              アップにしてみましょう。

              シャーマンカーン


              パッと見でお分かりの通り実際のシールとは異なるカラーリングです。私の思い過ごしかも知れませんが、クリスマスを彷彿させるような暖色が基調とされて、どことなくサンタゼウスにも似た配色にも見えます。この配色は何のために用意されたのか、それこそモデルとなったサンタクロースとの関連性をGHさんや反後さんにツッコミを入れて回答してもらいたです。


              …とまぁ何が言いたいのかと言うと、旧来のファンは30年以上もビックリマンを追っています。未だ多くの謎が解明されていないビックリマンなので、溜め込んだモヤが晴れる情報が欲しくてたまりません。当時の制作者にインタビューが出来るこの機会に大きな期待を寄せている方々も多いはず。オンライン担当者様には今後とも新旧のBMファンに向けてビンビンに響く情報を掘り出して頂きたいと思っている次第です。次回も楽しみにしております。


              ※こちらの記事は私の妄想や憶測による考察でして確証は一切ありません。



              苦行!ビックリマンアイスのパッケージコレクション

              0
                ビックリマンアイスの空き袋をコレクションしている方はどれくらいるのでしょうか?

                アイス…それは暑い夏場の売れ筋商品。アイス…それは冷凍庫から取り出すと灼熱の太陽に照らされ、すぐさまドロドロに溶解し、口や手をベタベタにさせて、制限時間内に完食しなければ地面へと叩きつけられ蟻への褒美と化してしまう無慈悲な氷菓子。そんなデリケートなアイスを包み込んでいたパッケージ…そもそもは捨てられるべきこの袋を、汚さずにィ→丁寧に開封しィ→家に持ち帰りィ→保存しィ…、そんな子供なんているのかYO、いるんです、いたんです。だからこそ現存数も少なく資料として欲するコレクターが存在するのです。

                まんだらけ中野店カード館のショーケースにはビックリマンアイス空き袋の高額買取りのポスターが貼られ、店頭を横切る一般の方々はその価格を見てさぞ驚かれることでしょう。「こんなゴミに価値があるの?(藁」「捨てなければ良かった(藁」と口々に言ってますが、そのような方々には『希少性の原理』を検索することをオススメします。

                その空き袋に価値を見出して購入してしまうコレクターは、もはや金銭感覚マヒナスターズ。沼地へと一歩一歩足を突っ込み、気が付いたときには引き返せない抜け出せないヤメられない止まらない、コレクターあるあるハートウォーミングストーリー。

                私もビックリマンに関わって何十年プレイヤー、やはりアイスの空き袋の収集からは逃れられないディスティニー。ようやくこの空き袋の全貌が明らかになり始めて、つい最近「やっとコンプリートした!」と安堵していたところを知人のコレクターから衝撃の事実を教えてもったその衝撃を同士に味わわせてやろう蝋人形にしてやろう。











                ザックリ分けてビックリマンアイスのパッケージには前期(横パッケ)後期(縦パッケ)があります。前期のパッケーには『十字架天使の袋』と『お救い観音の袋』の2タイプがあり、生産の時期ごとに、吹き出しの内容が変わったり、アイスの味が変わったり…、それらを踏まえつつ時系列にアイスのパッケージを並べて紹介します。


                ビックリマン アイス パッケージ 空袋 空き袋
                 敖屬幻透明/帰ってきた 第1弾シール/チョコ&バニラ味】
                両端の綴じ口が透明なのが特徴。恐らく最初期。


                ビックリマン アイス パッケージ 空袋 空き袋
                ◆攀△辰突茲 第1弾シール/チョコ&バニラ味】
                透明だった両端の綴じ口が白く塗られました。


                ビックリマン アイス パッケージ 空袋 空き袋
                【帰って来た 悪魔vs天使シール/チョコ&バニラ味】
                吹き出し内の「第1弾」の文字が「悪魔vs天使」に変更されたため、第2弾〜第5弾のシールが封入されていたと考えられます。


                ビックリマン アイス パッケージ 空袋 空き袋
                ぁ攬魔vs天使シール/チョコ&バニラ味】
                まんま復刻シールでは無くなったからか、吹き出し内の「帰って来た」の文字が削られました。そう考えると素材が変更されたり、アイスヘッドのイラストが描きおろされた第5弾以降のパッケージと推測されます。


                ビックリマン アイス パッケージ 空袋 空き袋
                ァ攬魔vs天使シール/ミルクコーティング味】
                アイスがチョコ&バニラ味からミルクコーティング味に変更されました。アイスに問題があったのか、生産の問題なのかは分かりません。(このパッケージは時系列の確証が持てません)


                ビックリマン アイス パッケージ 空袋 空き袋
                Α撻肇ぅード告知/チョコ&バニラ味】
                再びチョコ&バニラ味のアイスに戻って、吹き出し内が「当たる!!スーパーヘッドトイカード」に変更。売上好調のため大盤振る舞いのプレゼントなのか、売上げを回復させるための施策なのか、プレゼントの意図は分かりません。


                ビックリマン アイス パッケージ 空袋 空き袋
                А攜經パッケージ/トイカード告知無し/チョコ&バニラ味】
                パッケージが縦長になってリニューアル。キャラクターもマルコ達に変更されアイスも終盤の雰囲気が漂ってきます。横長パッケでは『十字架天使 袋』と『お救い観音 袋』の2タイプのデザインがあるためコレクションをする上で厄介でしたが、縦長は1タイプのデザインのみなので集めるのが楽になった…と思いきや、ここで衝撃の事実が!後期の縦長パッケージには綴じ口がギザギザ真っ直ぐの2タイプがあることを知人のコレクターから情報を頂きました。

                手持ちのパッケージを見直すと確かにその存在を確認…、拡大して見てみましょう。
                ビックリマン アイス パッケージ 空袋 空き袋
                この写真を見てわかるように、左の閉じ口がギザギザ、右の綴じ口が真っ直ぐになっています。これって周知の事実だったのでしょうか?私は全く知らなかったため膝から崩れ落ちました。


                気を取り直して、時系列のパッケージ紹介に戻ります。


                ビックリマン アイス パッケージ 空袋 空き袋
                ─攜經パッケージ/トイカード告知有り/チョコ&バニラ味】
                第2弾トイカードプレゼントの告知がされました。左が綴じ口ギザギザのタイプで、右が綴じ口真っ直ぐのタイプです。


                ビックリマン アイス パッケージ 空袋 空き袋
                【後期パッケージ/トイカード告知有り/チョコ味のみ】
                アイスがチョコ&バニラ味ではなくチョコ味一色になりました。引き続き第2弾トイカードの告知が掲載。こちらも綴じ口がギザギザと真っ直ぐの2タイプがあります。







                …と、私が知る限りビックリマンアイスのパッケージデザインはこれで全てだと思います。よりヘヴィなコレクターは、ロッテC(滋賀工場)、ロッテU(浦和工場)、ロッテK(九州工場)、キリン乳業(株)関東工場、(株)やまひろ可部工場…と、生産工場のラインに分けてパッケージをコレクションしていると聞いたことがあります。本当にドMコレクターの鑑です。私には真似できません。


                そんな訳でございまして、上記にupしている中で歯抜けになっている、Г痢攜經パッケージ/トイカード告知無し/チョコ&バニラ味】綴じ口真っ直ぐパッケージを探しております。もしお持ちの方はメールからでも、ツイッターからでも、ご連絡くださいませ。トレードor買い取りさせて頂きます。


                あと、工業違いを除いて「これ以外にも違うパッケージあるよー」とか「時系列の順番が違うよー」とか「このパッケージには○弾が入っていたよー」などなど、お気づきの点や当時の情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、知らせくださいませ。



                2017.1.28(土)『10.19を中心に川崎球場の歴史を振り返る』にて当方所有のグッズを展示

                0

                  2017年1月28日(土)、富士通スタジアム川崎のイベント『10.19を中心に川崎球場の歴史を振り返る』にて、私が所有しているビックリマンとロッテオリオンズがコラボしたグッズを展示します(物によってはコピーの展示)。※ビックリマンのイベントではありません。川崎球場の歴史を振り返るイベントです。ロッテオリオンズだけでなく、プロレス、アメフトなどなど、多種多様なイベントですのでご注意を。お手柔らかにお願いします。

                  ■富士通スタジアム川崎ブログ
                  http://kawasaki-fujimi.com/info/2016/12/19/816/
                  http://ameblo.jp/kawasaki-fujimi/entry-12241809598.html

                  ■ビックリマン公式サイト
                  http://bikkuri-man.mediagalaxy.ne.jp/news/380_kawasaki.html

                  神さえも金次第で見て見ぬふりをするTシャツ

                  0
                    ふと「余所行きのかっこいいTシャツが欲しいよ」なんて思いまして、かっこいいお店に行ったら、値段もかっこよくて、懐事情がかっこよくなかった僕は「それならば自分が着たいTシャツを作っちゃおう!」そのような理由から作ったTシャツがこちらでございます。





                    【神さえも金次第で見て見ぬふりをするTシャツ】
                    (2015年)

                    ホログラム箇所の通気性がゼロなので、夏場着ると★の部分が汗でビショビショになり
                    自分が作ったとは言え、とても不快です。そして着れば着るほどホログラムがヒビ割れます。







                    【神さえも金次第で見て見ぬふりをするTシャツ】
                    (2016年)

                    先日、関東シールコレクター忘年会がありまして、その際に作ったTシャツがこちら。
                    ヨレヨレのハンガーがポイントです。







                    ビックリマンXmasアイス(俗にいう福袋版)の紹介

                    0
                      今日はクリスマス。せっかくなので、クリスマスにちなんだアイテムを紹介します。
                      (シール系のブログだし少しはそれっぽい記事も書かないとね)

                      悪魔vs天使シールをヘヴィにコレクションする上で立ちふさがる壁『ロッテアイスビックリマン(キラキラヘッドシール3枚入り!)』俗にいう『福袋版』をご紹介。


                      ■シール
                      ロッテアイスビックリマン(キラキラヘッドシール3枚入り!)福袋版
                      御存知、裏白&四角プリズム仕様のシール達。

                      ◆スーパーゼウス、聖フェニックス、ブラックゼウス
                      ◆ヘッドロココ、アンドロココ、ラファエロココ
                      ◆ピア・マルコ、ベリー・オズ、ディオ・コッキー


                      上記、3枚1組のシールが金ピロー袋に入っていました。
                      ロッテアイスビックリマン(キラキラヘッドシール3枚入り!)福袋版 パッケージ ビックリマン
                      ビックリマンアイスの銀ピロー袋が金色になった感じです。後追いコレクターの僕が福袋版のシールを集めていた頃は「一体この世の中に福袋版シールは何枚存在しているんだろう?現存数はめっちゃ少ないんでない!?」と、総数が見えない恐怖心から、ピア・マルコ1枚が10万円前後で取引されている時代でした。徐々にこの福袋版シールがコレクターの間で高値で取引されてい事が浸透して、所持している方が続々と手放した事により、今では割と頻繁に見かけるようになりましたが、やはり人気キャラのシールは高レートで取引されていますね。


                      ■外箱
                      ロッテアイスビックリマン(キラキラヘッドシール3枚入り!)福袋版 パッケージ ビックリマン
                      ロッテアイスビックリマン(キラキラヘッドシール3枚入り!)福袋版 パッケージ ビックリマン
                      アイスが溶けないように保冷性に優れている発泡スチロールに描き下ろしイラストの包材が巻かれています。人気キャラがサンタの格好していてカワイイですねー。アンドロココも目の中に目が描かれている安定のビックリ仕様です。いまや福袋版シールと言う名称が定着してしまいましたが、福袋(お菓子の詰め合わせの袋)ではなく、このアイスBOXに入っていたかと思われます。


                      ■アイスの種類
                      ロッテアイスビックリマン(キラキラヘッドシール3枚入り!)福袋版 パッケージ ビックリマン
                      アイスの種類はエクレア、ミニアイス、ミニバーなどなど、クリスマスにちなみもなかと言うネタまで仕込んでます。うーん、食べてみたかった。


                      昔、大判のサンタゼウス、サンタフェニックスが入っていたクリスマスアイスは友人の父がお菓子問屋に勤めていたので、「モザくんはビックリマン集めているよね?こんな商品あるけど取り寄せるかい?」と商品とシールが載った注文票を見せてくれた思い出があります。

                      この福袋版をリアルタイムで購入した人がいたら思い出話しが聞きたいです。商品名は何と言うのか?(箱には書かれていない)、一体いくらで売っていたのか(これも箱に書かれていない)、どんな所で売っていたのか?アイスは個包装されていたのか?などなど…。もし、当時の記憶が残っている方がいらっしゃいましたら是非コメントやメールをくださいませ。


                      profile

                      ■name:モザ

                      ■ホームページはこちら⇒
                         http://moza.jp/


                      ■連絡先はこちら⇒
                         happy_castle2001★hotmail.com
                      (★を@に変えてください)


                      【注意】@の前に「.(ドット)」があるメアドの方はRFCに準拠していないため返信出来ない場合がございます。
                      詳細はこちら

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << March 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • X'warsシール『サタンクーロン』
                        なんなんしー
                      • X'warsシール『サタンクーロン』
                        モザ
                      • X'warsシール『サタンクーロン』
                        なんなんしー
                      • ビックリマンXmasアイス(俗にいう福袋版)の紹介
                        モザ
                      • ビックリマンXmasアイス(俗にいう福袋版)の紹介
                        通りすがり
                      • ビックリマンXmasアイス(俗にいう福袋版)の紹介
                        通りすがり
                      • 2019.5.6(祝月)さん家祭り/お品書き
                        なんなんしー
                      • 2019.5.6(祝月)さん家祭り/お品書き
                        モザ
                      • 2019.5.6(祝月)さん家祭り/お品書き
                        なんなんしー
                      • ギミック!三面回転式『隠れ曼聖羅』リング
                        ネオ

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM